読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流離のふらり一人旅

ゆる~く旅行記や、お得なことをつらつらと・・・

シンガポールへふらり(その1:SIMカードが使えなくてSingtelの本社まで行った話)

旅行記

今回は、4月末からゴールデンウィークシンガポールに行った話だ。シンガポールLCC、スクートを利用した。関西空港シンガポールで、往復コミコミ34,000円弱だった。激安とは言わないが、ゴールデンウィーク時期では安いほうではないだろうか。今年1月に予約しておいたのだ。

f:id:sasuraiyo:20161218071229j:plain

行きは、関西空港を16時20分に出発し、台湾・高雄空港を経由して、シンガポールに翌日0時5分に到着する。

Bid 4 Bizオプションで、スクートビズクラスにアップグレードが出来た。入札額は9,000円だった。

スクートのBid 4 Bizオプションでのアップグレードについては、以下の記事を参照いただきたい。

 

sasuraihitoritabi.hatenablog.com

 

スクートのB787のスクートビズクラスは快適だ。シンガポールへは、高雄空港を経由し、2回搭乗することになるので、機内食も2回提供される。機内食のレベルは、レガシーキャリアのエコノミーよりしょぼいが、機内食が提供されるだけありがたい。

 

また、スクートは、さすがシンガポールLCCだけあって、機内で、シンガポールのSingtelのSIMカードが購入できて、空港や、市中で購入する手間が省けてありがたい。

さらに、SingtelのHi Tourist SIMは、30ドルと15ドルのものがあるが、15ドルのものは、空港ではなかなか購入できないということなので、15ドルのものがすぐに購入できてありがたい。

f:id:sasuraiyo:20161218071420j:plain

 

しかし、この選択が、苦労の始まりだったのだ。

 

シンガポール・チャンギ国際空港には0時過ぎに到着なので、バスなどの貧乏アクセスは使えない。宿までは負けた感じがするがタクシーにした。

なお、現地通貨への両替は、空港で少しだけの両替えを行った。空港ではあまりレートが良くないからだ。

宿は、ゲイラン地区のフレグランス ホテル パール (Fragrance Hotel - Pearl)を予約していた。

ホテルは、場所が場所だけに、都心より比較的安く、ホテル自体もきれいで快適だった。まあ、場所が場所だけに、女性だけや、家族連れにはあまりお勧めしないが。

 

タクシーで、スマホSIMカードを刺し、データ通信を試してみようとしたが、つながらない。Singtelの表示とアンテナは立っているが、4Gの表示が出ない。何度も試してみたがダメなので、何か嫌な感じがしてきていた。

ホテルに到着したのが、2時くらいだったので、早めに就寝するようにした。近所の24時間開いているスーパーにビールを買いに行ってみたが、シンガポールは0時以降は、アルコール販売禁止になってしまうので、売ってくれなかった。

 

翌朝、遅めに起床して、活動を開始した。やはりデータ通信は、ダメだ。まぁ、一晩寝たからつながるとは思えないが。

 

宿から駅へは10分ほどだ。Aljuniedが最寄りとなる。MRT駅に乗り、City Hallへ向かった。

 

f:id:sasuraiyo:20161220215201p:plain

 

朝飯もまだなので、腹が減った。食事をしようと思うが、シンガポールは物価が高い。都心のきれいな飲食店では、負けた感じ(何が負け、勝ちなのか分からないが)がすると思って、地下街を歩いていると、現地人ご用達のような庶民派、フードコートがあったので、そこで腹ごしらえをした。

 f:id:sasuraiyo:20161218071324j:plain

中華系のお店で、ホッケンミーみたいなものをいただいた。

f:id:sasuraiyo:20161218071257j:plain

 

腹ごしらえは済んだのだが、SIMが使えないと、どうしようも出来ない。City Hall駅のショッピングモールにある、Singtelショップに行ってみることにした。

 

まだ9時半だ。携帯ショップなので10時オープンかと思って待っていたが、なかなかオープンしない。11時にようやくオープンした。

オープンと同時に、カウンターへ。片言の英語で、昨日スクートの機内でこのSIMを購入し、使えないことを告げ、スマホを渡すと、設定をいじってみたり、設定情報を確認してもらってみたが、やはり使えない。

カウンターの端末で電話番号で情報を確認してもらうと、店員のお兄ちゃんが、パスポートナンバー登録してる?と聞いてきた。

そういえば、スクートの機内で、SIMカードを購入した時に、CAさんにパスポートなんか渡していないぞ。

店員さんが、電話で、代理店サポートみたいなところに確認すると、何かここでは対応できないから、Singtelの本社へ行けと言っているようだ。

ここ(City Hall)から、2駅先の、SomersetにあるComCentreに行けという。

まぁ、SIMカードは1500円くらいなんだから、ここで新しいものを買えば、手っ取り早いが、これでは負けの感じがするので、最後まで解決してやろうと思ったのだ。

 

また、地下鉄へ乗り、Somersetに到着した。地下鉄駅を出て地上にでると、Singtelの本社ビルがある。

ここだ。

f:id:sasuraiyo:20161218071358j:plain

 

本社ビルへ向かったが、本日は休日で、玄関は閉まっている。どうしよう。そう思った矢先、この本社の横に、ショップがあるようだ。そこへ行ってみた。

そのショップは、本社併設であり、大きなショップだった。円形の室内の広くゆったりとした店内だ。ここがComCentreなんか。

 

入り口で、店員さんに、斯斯然然、昨日機内でSIMを買ったが使えない、ショップに行ったらここで行けと言われた、と説明すると、それなら、あっちに行けと指さされた。

指示どおりに、そちらのほうに行って、また、斯斯然然と説明すると、ここは法人窓口だから、あっちだと言われて・・その繰り返し。

 

途方にくれて、ソファーに座って、困った顔をしていると、店員が声をかけてきてくれた。「どうしたんだい。何か手伝おうか?」

また、同じように斯斯然然と説明すると、ああ、それなら、あそこのレジに行って説明するといいよと、指をさしてくれた。

 

指定されたレジに並び、レジの店員さんに、また呪文のように、斯斯然然と説明すると、パスポート番号は登録したかと聞いてきたので、登録していないと答えると、それなら、パスポートを見せてくれと、言われたので、パスポートを渡して、しばらく待った。店員さんは、端末をカチャカチャとかたき、これでどうた、と聞いてきた。

スマホの電源を入り切りしてみると、アンテナピクトのところに4Gの文字が。

ありがとうとお礼をいって、ショップを後にした。

 

しかし、時間の効率化のために、機内でSIMカードを購入したが、その対応で半日以上時間を無駄にしてしまったのだ。

まぁ、英会話の勉強といい経験になったのかもしれないが。

 

今日はここでおしまい。

 

今回のまとめ

 

  • スクート機内でもSingtelのSIMカードが購入できるが、パスポートNo.の登録が必須なので、注意しよう。
  •  SingtelのSIMカードが使えなかったら、Somersetにある本社横にあるComCentreで相談してみよう。

 

次回は、シンガポールから陸路で、マレーシア・ジョホールバル、海路で、インドネシア・バタム島へ国境越えした話をお伝えする。お楽しみに