流離のふらり一人旅

ゆる~く旅行記や、お得なことをつらつらと・・・

台湾・中壢へふらり(中歴観光夜市で蛇肉湯)

今回は、7月末に行った台湾・中壢への話だ。ただし、この時(以前)はブログを書くことを想定していなかったので、あまり写真を取っていない。今年分のこれから先(これ以前の)旅行記はあまり写真がない可能性がある。申訳ない。

今回は、peachで、関空ー台湾・桃園空港往復でコミコミ約12,000円で、空港近くの街、中歴へ行った。ほとんど、peachのセールがあったので予約してみたという感じだ。

1泊2日の弾丸トラベルなのでほとんど、旅行記とならないことを了承いただきたい。

 

8時35分、関空第二ターミナルを出発したPeach機は、桃園国際空港第一ターミナル到着した。

中歴へはバスで向かう。まあ、中歴は空港と同じ、桃園市にある。近い街だ。

バスは、桃園客運の5089路線となる。

f:id:sasuraiyo:20161211193143j:plain

一般道をいくつも止まるので、時間的は結構かかる。4、50分かかったのではないだろうか。

路線は以下のようになる。 

 f:id:sasuraiyo:20161211211657p:plain

金額は、日本円にて200円も掛からない。

f:id:sasuraiyo:20161211212051p:plain

バスは、桃園客運の中歴のバスターミナルに到着する。また、空港へのここからバスに乗ることになる。

f:id:sasuraiyo:20161211193213j:plain

 台鉄の中壢駅へは数分かかる。

f:id:sasuraiyo:20161211203012j:plain

中壢は、桃園市の中壢区という地方都市だ。台湾、桃園空港に訪れたとしても、あまりわざわざ行くことがないだろう。

駅前からすぐのメインストリートは、石畳のような路面が続き、周りのお店も少しおしゃれな感じで、いい街だ。

 

この中壢のおすすめグルメといったら、地元民でにぎわう、魯肉飯と豚足がうまい、「覇王豚脚」だろう。  

f:id:sasuraiyo:20161211203127j:plain

安定のうまさだ。台湾は地方都市ほどうまいものが多いような気がする。あと地方都市の路地裏グルメは、価格も安くて、大満足だ。

これだけで腹いっぱいになる。 

f:id:sasuraiyo:20161211203157j:plain

 

宿は、駅からほど近いセントラルホテルを取った。便利な宿だ。

 

 晩飯は、中壢觀光夜市へ。ローカルな夜市は大好きだ。夜市で、周りから日本語が聞こえてくるとげんなりしてしまうが、ここは、ほとんどと言って、それは大丈夫だろう。 

f:id:sasuraiyo:20161211203304j:plain

 

一般的な露店も多いが、いわゆるゲテモノ系も多く、ここは特に蛇肉湯の店が多い。ここは食べておくほかないだろうと、チャレンジしてみた。

f:id:sasuraiyo:20161211203417j:plain

 

 店前には、生きている蛇が動いている。

f:id:sasuraiyo:20161211205057j:plain

 

料理はこんな感じだ。蛇肉が入ったスープだ。あっさりしている。蛇肉は臭みはない。まあ、お腹いっぱいにはならないけど。

f:id:sasuraiyo:20161211203335j:plain

 

あと、中壢は、華西街(台北)・三坑(基隆)とならぶ三大・・・だ。

ここではあえて書かないが、台湾のシリコンバレーの新竹地区の日本人駐在者が、中歴まで通っているらしい。

台湾のコンビニHi-Lifeの角を曲がれば、いいことがあるかもしれない。(そこまでにしておこう。だが、パスポートに変なスタンプを押されないように気を付けて・・)

 

弾丸トラベルのため、翌日はすぐに帰国だ。帰りには、プライオリティパスで、PLAZA PREMIUM LOUNGEにて、食事をとり、昨日と同じくpeach関空へと帰国した。 

 

f:id:sasuraiyo:20161211203611j:plain

 

中歴の話はここまで。

 

次回は、12月中旬にいった(今日帰ってきた。)上海の話をお伝えする。お楽しみに。